火災保険の新規加入 - 保険相談 見直し.net - 埼玉

HOME > 目的別保険相談 > 分譲マンションの火災保険に加入する場合、補償範囲に共用部分も含めた方がいいですか?

火災保険の新規加入

分譲マンションの火災保険に加入する場合、補償範囲に共用部分も含めた方がいいですか?

2014年03月13日

【ご相談事例】

分譲マンションに住んでいます。
火災保険に加入する場合、補償範囲に共用部分も含めた方がいいのでしょうか。

【ご回答】

分譲マンションに住んでいる人が火災保険に加入する場合、個人で所有する「専有部分」のみを補償範囲にし、エレベーターや廊下、階段、外壁など、居住者全員で使用する「共用部分」を含めないのが一般的です。

ただし、場合によっては「共用部分」を補償範囲に含めたほうがいいケースもあります。
それは、マンションの管理規約で定められていない場合です。

マンションの管理規約には、「共用部分は管理組合もしくは管理会社が一括して火災保険を契約する」など、共用部分に関する規約が記載されています。
しかし、中には管理規約に火災保険に関する事項が盛り込まれていなかったり、管理規約自体があいまいなケースがあります。

火災保険へ加入する場合には、前もって管理規約に目を通しておくといいでしょう。

ちなみに、共用部分を補償範囲に含めると評価額が大きくなるため、その分の保険料も高くなってしまいます。

無理に共用部分を火災保険の補償範囲に含める必要はありませんので、保険料を考慮したうえで、検討するといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。